損切りについて語ってみる

スポンサーリンク


ドルが軟化しとるね、ドル円89円台かぁ
それを見ながらゆかりんもクロス円売り
ユーロ円は上手くはまったけど、ポン円がいまいち

それからユーロドルのショートメイクしてみやした
こちらはちょっと長めにホールドしたいポジション

ということで話しは変わって今日のテーマ、損切りについて
コメント欄で損切りについて質問もらったので
今日から何回かに分けてゆかりんなりに損切りを語る!


FXや株式の投資の入門本なんか読むと
「損少利大」ってよく書いてありますね

例えばロスカット15pips利確30pipsを徹底して
リスク:リターン比率1:2となるようにします
この時、全部で10回トレードをしたとします

何回以上勝てばトータルで勝てるでしょう

正解は4回勝率4割でOKです
これが「損少利大」の考え方


逆に利確10pips損切り20pipsとした場合は

トータルで勝つには7割勝率が必要になります

ゆかりんの場合は、前者のような感じで
リスクに対してリターンは最低でも2倍を狙いっていくけど
でも、別にこれが正解ってわけでもない

後者のように、5pips10pipsを狙って
1日何回もトレードするやり方もあります

損切りのコツがいまいち掴めないって人は
勝率と、リスク:リターン比率を一度見なおしてみましょう

スポンサーリンク

この記事へのコメント

.
レスありがとうございます。m(__)m
損切りのリスクとリターン比、確かにゆかりんさんの言う通りだと思います。でも問題はユーロやポンドだと50ppくらいのロスカット見とかないとすぐきられてしまうんですけどやりかたまずいのでしょうか?
Re: .
> ここいちさま

ゆかりんの場合ポンドは40~50
ユーロは30前後でストップロス設定してますよ

コメントの投稿

非公開コメント