思惑がはずれた時に、いかに損を小さくするか?

スポンサーリンク


本日のトレードですが、思惑がはずれちゃいました

ユロドルは、下っぽいかな、と思ってて、
1.2830まで戻ったところでショート!

ユロドル

このチャートは10分足なので、分かりにくいけど、
4時間足、1時間足でみたら、売りかな~、って。

で、1.2830~40は何回か下げ止まってたところで、
そこを下に抜けてきたので、
その辺をバックに売ったわけです。

そこがマル1ですね。

ただ、マル2の時点で、アゲインストを抱えつつ、
なんかイヤな予感がしました。

ロンドンスタート前後に上に行きそうな…

この時点では、1.3860にストップをおいてたんだけど、
値動きを追いつつ、1.3855前後で切っちゃってドテン買い、
ここがマル3ですね。

で、20ぴぴほど利が乗ったら、欲張らずに利確、マル4です。



思惑がはずれた時に、ドテンすることは、
まあ、わりとあるんだけど、

ゆかりんの場合、その時は欲張らずにさっさと利確します。

今日も8割方、リカバリーした時点で、
サクッとエグジットしました。

もう、思惑がはずれた時点で負けてるのね。

でも負け方として、いかに損失を小さくおさえるか、
そこに重点をおいて考えて欲張らない。

今日だって、そのままホールドしてれば50ピピくらい抜けたけど、
それは結果論であって、
ホールドしてる時間が長くなれば、
往復ビンタくらうリスクも高くなるわけだからね

スポンサーリンク

この記事へのコメント

No title
潔さが男前過ぎです。
プロだ!と、感心させられまくりです。

私は今日は過去最低に膨らみました。。。

あれ?ドメイン???
かっこよすぎるぜ!

コメントの投稿

非公開コメント