【FX手法】三尊、ヘッド&ショルダーズの教科書的エントリーポイント

スポンサーリンク


コメント欄から質問もらったで答えてみます

はじめまして!いつも拝読させてもらってます。
教科書でしか学んでないのですが、ネックラインまで落ちてきたら、三尊になるのでしょうか?
私のテクニカルでは、レンジから上に行くようなのですが?
質問させていただきます。
お暇ができたら解説願えれば幸いです。


三尊

三尊とは、上みたいな形のことですね、

釈迦三尊像だっけ?

真ん中に大きめの仏像、
両サイドに一回り小さめの仏像が2つ、
みたいな形に似ていることから、
こんな名前がついているはずです。

別名は、ヘッド&ショルダーズ、
こっちは、真ん中が頭で、両脇が肩、って意味、
ネックラインは首にあたる位置に引ける線のことです。

上昇トレンドから下降トレンドへの変わり目に、
出やすい形と言われています。

質問にあった、

>ネックラインまで落ちてきたら、三尊になるのでしょうか?
>私のテクニカルでは、レンジから上に行くようなのですが?


というのは、
まだネックラインを下抜けてない段階のことでしょうか?

たしかに、その場合は、
ネックラインが下のサポートとなっている
レンジ相場とも見えますね。

三尊やヘッド&ショルダーズの教科書的な売り場は、

ネックラインを下抜けたあとに、
再びネックラインまで戻ってきた位置と言われてます。

上の図でいったら「★」のところ。


この図を逆さまにすると、
逆三尊、ヘッド&ショルダーズ・ボトムと言われる形で、
この場合は、「★」のところが買い場となります。

ま、キレイな形が出ることは少ないんですけど、
覚えておくと意外と使えますよ

スポンサーリンク

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント