FXはゼロサムゲームなのか考えてみた

スポンサーリンク


某所でFXはゼロサムなのか話題になってたので、
FXはゼロサムゲームなのか考えてみました。

ゼロサムゲームっていうのは、
プレイヤーの儲けを合計すると、ゼロになるゲーム、
誰かが勝ったとしたら、必ず誰かが損します。

FXの場合、けっきょく、ドル円が上がった下がったといっても、
それはドルと円の相対的な価値の話で、綱引きのようなもの、
けっきょく、ゼロサムになるって、言われますね。

たしかに、売りっぱなし、買いっぱなし、ということはなく、
売ったら、そのポジをどこかがで買い戻す必要があり、
逆もまたしかり、その時、利益か損益かが出て、
儲ける人も損する人もいるわけだから、
FXはゼロサムゲームっていう考え方が基本です。

でも、ここ最近のドル円なんか見てて思うのは、
かなり買いポジションが積み上がってるのにもかかわらず、
調整らしい調整がなく上げっぱなし、
なんか、ゼロサムゲームって感じじゃないよね?

つまり、これは、ゆかりんがデイトレーダーで、
短い期間で相場をとらえてるからなんじゃないかと、

中長期でトレードしてる人は、
ドル円100円になるまで売らないって人もいるし、

あとは、ドル円って、ここ何年ずっと円高だったわけです、
ここの期間は、ショートが積み重なってたわけで、
その売りポジションのぶり返しの買いもあると思うの。

つまり、何が言いたいかというと、
期間を短く区切って相場を見たら、
ゼロサムじゃない場合もありうるし、
デイトレっていうのは、その短いスパンの中で売買するので、
なんていうか、難しいよね、いろいろ。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント